子育てはとっても大変です。おぎゃーと生まれた瞬間からが育児のはじまりです。

 

出産の様子も時代とともに変化し昭和の時代では家に産婆さんが来て出産をされていました。

実際わたしの義母は今の家で生まれています。他の兄弟も同じように同じところで生まれています。

 

【このブログの運営者】

40代女性精神科ナース現役30年目。

いつも若くて綺麗!っていわれたい。

元気で過ごすため働けるまで働きたい!

現在は子そだても一旦落ち着き趣味さがしの日々でブログに出逢い現在。

 

昔は家族が増えていく流れになっていましたが、社会の発達や1つ屋根の下で2家族や3家族が一緒にすむといったことが窮屈になり、二世帯ハウスといったものが人気になったのを記憶しています。

 

核家族を目指そうとする時期がありました。子育てが大変なので家族やお婆ちゃん、おじいちゃんが子育てのプロですが一緒にすんでいないため、一人でママが育児を背負うことになったと思います。

 

このように社会と家族と住むという考え方により現在のような形に変化していったのでしょう。

 

 

 

辛い子育てを笑いに変えて赤ちゃんご機嫌さん

 

相手は赤ちゃんです。かなり手ごわい相手となりますのでこちらもエネルギーをためて立ち向かわなければばりません。

 

そんな時はたくさん一緒に笑ってあげる、そして体をたくさん動かして遊んでいくと、赤ちゃんは心地よい疲れのあと眠ってしまいます。

 

その時に次に赤ちゃんが起こしそうな行動を予測して先回りして準備しておきましょう。

子育ては大変な反面 子供の成長は楽しいもの!

お子さんをお持ちの親なら自然に沸いてくる感情です。

 

子供は成長過程で様々な変化をとげ、共に親も変わっていきます。

 

①分離固体化論

マーラーの治療経験 参考

・正常な自閉段階:0~4か月頃まで

この時期の最初の数週間は、自己⁼他者 生物⁼無生物の区別がなく生命維持のための活動が主であり、その維持についてはすべて他者に依存している状態を言います

 

れに対して母親は、子供のなくという負かいの反応に対するサインを敏感に受け止め、適切な世話(子供の欲求充足をタイミングよくおこなっており(情緒的応答性)。

 

この時期の母子関係は一心同体の感覚で強く結びついています。

 

 

その様子は他者との関係を必要としないようにも見えるため、マーラーはこの状態を「共生」と呼び、母子は肉体的には分離していても心理的には未分化であることから「人は心理的には卵生で生まれる」と表現しました。

 

母親の情緒的応答性が適切であると、子供の自我機能が発達し、反対に情緒的応答性が不適切であると、子供の自我防衛機能がうまく発達しません。

 

分離固体化

・子供が他者と認識し、あわせて自己の感覚が芽生えると、子供は母親との関係を基盤にしつつ、母親との1対1の関係を脱して対人関係を拡大していくようになります。

 

生後4か月頃におこり、マーラーはこれを「心理的感情」と表現しています。

 

また、対人関係における心理的感情のあとの重要な発達段階を、一般的に聞く「分離」「固体化」であると結論づけています。

「分離」は心理的、身体的に母親から徐々に離れていく事を意味しています。

 

俗にいう、親離れ。

「固体化」は母親から離れても混乱せずに安定して1人で機能することを意味しています。

4段階に示されたマーラーの分離固体化

①分化:5~9か月頃まで

常に母親に触れて依存していた子供が、次第に母親の膝の上から離れて遠ざかろうとしはじめる。

経験あるとおもいます、あら、最近膝の上に座ってこなくなった、、、。

さみしい感じはしますが、子供がすくすく成長している経過です。

また、だっこしてもらっている人の顔や身体を探索し、対人関係を見定める反応もみられます。

②練習:9~14か月頃まで

子供はハイハイや歩くことが出来るようになることで自力で、母親から離れられるようになります。

この時期子供は新しい事に興味をもち楽しくて仕方がないようですね、親は大変ですが

子供の移動距離は長くなり、

離れて行く時間もしだいに長くなっていきます。そして、母親のもとに戻っていく行動が可能になっています。

 

見慣れている場面では、子供は「いない、いない、ばあ!」と言う時期ってありませんか。

この行動は、子供が遊びとして取り入れているものです。

 

そして、母親を見つけたときには、安心しますよね。

 

これらの行動は、子供の心の中に安全基地:母親のイメージが定着していて、身体的には離れていても、その安全なイメージは消えることがないという事なのです。

③最接近:14~24か月以降

 

この時期はいったん遠ざかっていた母親に再び急接近するようになります。

マーラーはこれを最接近と表現

子供は母親から離れつつある自分を認識し、分離不安に陥って母親のもとに戻りますが、再び母親と一体化することへの不安も生じて葛藤がおこります。

また、母親から離れて悠々と冒険する心地よさと母親に抱かれる心地よさの間でも葛藤がおこります。

これれの葛藤が子供の混乱を引き起こし、母親からの飛び出しとしがみつき。かんしゃくという行動となって、親を悩ませます。

このようにして母子間は緊張が高まります。

マーラーは最接近機器と表現。

 

④個体性の確立と情緒的対象恒常性:24~36か月頃まで

最接近期の危機は完全には解消されませんが、子供は母親以外の他者と交流を深めます。

 

母親が子供の最接近をあるていど受け入れることで、母子関係は危機を脱します。

分離ー固体化の発達の達成となります。

次のような場面に覚えがあると思います。

普段、うちの子供、癇癪ばかり起こして困った子!

 

仕事で疲れてイライラしているのに、余計に腹がたつ!

 

何度いってもイヤイヤっていうばかり!

 

などの気持になっている人は、子供の正常な反応なのだと理解すれば、少しは気持ちが軽くなりませんか。

 

自分も子供が小さい時はイライラしていましたので、もし、子育てがキツイと思う方は少しでも気持ちが軽くなれば幸いです。

 

まとめ

本に書いてあることを普段自分たちは体験しているのです。

引用文献;マーラーの倫理

ハンガリー生まれの小児科医、精神分析医です。ごらんのとおり普段の生活が専門書に乗るような些細な仕草や心の変化を実際に起こしています。こうやって親も大人になって行くのでしょう。子育ての楽しさを知って自分も一緒に成長しているという実感をもてると素晴らしいですね。

 

関連記事>>>プログラミングをして、いったい何ができるの⁇ 知っておいて得をするスキル

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村