もうみんな知っている!高校受験の流れと対策って知って得をする!

 

今から高校受験 推薦コース

推薦:条件がある。

各高校により特色があり、求める生徒の条件があります。

 

もうみんな知っている!高校受験の流れと対策

受験する生徒の出願資格

 

①志願する動機、理由が明確、適切であること。

 

②受験したい高校に対する適正及び、興味、関心を有すること。

 

③合格した場合、入学する意志が確実であること。

 

④受験する高校の教育を受けるにふさわしい学業成績であること。

 

⑤学校内外で積極的に奉仕活動や運動競技、ボランティア活動など、入学後も継続する意志がある。

 

⑥中学時代に奉仕活動や運動競技、文化、芸術活動及び生徒活動などを通して中学校の活性化に貢献。

 

⑦受験したい高校の「求める生徒像」に見合うと認められる者。

各学校ではどうなるの?

 

各学校で、推薦条件は違ってきます、上記の内容は2019年の中学卒業前の進路説明内容を参照しています。

 

推薦入試を希望される保護者のかたも知っておいて損はしないと思います。

 

また、各校により校内推薦基準がありますので参照すると確実性はあがると考えれます。

例)

・志願する動機・理由が明白、適切であり、適正及び興味、関心を有する事

 

・校則や社会のルール、マナーなどが守られていること。

 

・遅刻や欠席が少ないこと。

 

・授業態度等が良好であること。(授業態度、提出物、忘れ物など)

 

・その学科またはコースで学ぶために必要な学業成績であること。

 

・高等学校が求める生徒像であること。

 

※部活動、ボランティア活動等で意欲的に活動している生徒や卓越した、スポーツ技能及び精神力のある生徒も含まれる。

 

※スポーツ推薦の場合、そのスポーツを容易に退部することはできません。

 

「スポーツ推薦で進学するのは挑戦していく入り口になりますので、保護者もかなりハードなようです。(仕事をしながら、学費捻出 送迎、遠征費など)

 

しかし、子供が楽しそうにしているのを見れば親の気持ちはリセットできると思いますが、スポーツで有名なチームに入るだけでも、凄いことです。

大事な時期を先生がすべて先生任せ?

 

親が一緒に楽しくしていくことが子どもにとっては一番面白く感じもっとやりたい!と思んです。

 

しかし受験生と親の最大に悩みになることも現実的な話ですよね。

 

格好はある程度は、新入学の生徒の数を把握しまうが、あまり人気がなかった学校にはなりべく先生も促して、保護者も納得すればその進められて学校に通うことにまりますよね、

 

いろいろな選択肢がある事を子どもの頃から知っておけばとても有利ですよね、

 

幼い頃から遊びを一生懸命にさせる!

例えばゲームは上手いのから一緒にパソコンの使い方を学ぶ!などです。

 

何かに一生懸命に遊ぶようになったら遊びの中に将来役に立つことをついでにといったふうに学んでおくと学習にもなります。

 

沢山の可能性を子どもは持っているので最大限に可能性をみいだしたいものです。

 

この時期は将来に子どこにとってはチャンスに時期です。1日ずっとゲームに没頭するじゃ、他のことに目を向けるじゃで将来は大きく変わってきます。

 

より豊かで、のんびりと生活したいとは思いませんか?

 

子どもが遊びながら撮った写真をブログをはじめて一緒につくったりすることもできます。

 

良い学になると思います。

 

保護者が一緒にいれば、子どもは安心して失敗をすることができます。

 

とても理想の環境だと思います。

 

家族で遊びを取り入れながら一緒に学習することを生活の一部として取り入れていくと将来の学びも深まっていきます。