子供の才能を伸ばす為 親が知っておいて得をする事

子供の才能を見つけるには時期が肝心となる。

 

子供の成長は早く、アッという間に成長します。

 

魔の2歳とは言われますが、このくらいの時期に色いろな物や人にの感心が高く、「何で⁇」とよく聞いてくるようになります。

 

大人はすでに頭が固くなっているので、上手くかみ砕いて説明することが出来ませんが、親が思うことを親の言葉で話すといいですよね。

 

進路を考えておくタイミング

小学校卒業するくらいまでに、子供が特に興味を持つこを見つけ、将来役に立つようスライドしていきましょう。

 

中学に入る頃になると、友達と遊んだりすることが子供社会では必須となります。

 

塾やスイミング、習字、パソコンに行く様に話しても、小さい頃から学校以外で学ぶと言う体験をしていないので、なかなか塾にも行きたがりません。

 

各家庭で、養育費に利用できる金額も違ってきますので、出来る環境で無理がない程度にすすめていくと子供と親の双方に負担がないでしょう。

 

親にとっては困った子供の行動は、その子の個性として捉え、良いところをホメる

我が家では、帰ったらまず、宿題!

明日の予習!

今日の復習!

肝心のテストの点は?など聞くことはありません。

 

ただ、子供は嫌でも成長し高校、大学、専門学校、または就職といった進路を決定しなければなりません。

現在ではフリーランスという選択肢もあります。

働き方が変わり、人口も変化しているので、何でも挑戦しておくと自分が好きな事と出会いがあるかもしれません。

 

そのため、もうすぐ自分で何をしたいか、どうなりたいか、などは中学2年の夏休みが終わるころには決まっていたほうが有利となります。

 

子供の良いところに親が着眼したら、専門性に磨きをかけていく事が大切!

小学3年 書写展覧会 入選

小さい頃から塾に通いなれた方が、大人になっても損はしないので、学校では復習をさせるといった考えでおいた方が得策ですよね。

 

塾代や送迎など大変ですが、大人になっても得をするので悪い話しではありません。

 

何度も張り替えた壁紙、張り紙交換に疲れた昔を思い出します。

そのおかげか絵を書いたりすることが、いまだに好きで、成長すると暇があれば趣味にしていくだろうと考えています。

 

小学1年 第27回 MOA美術館 児童作品展 入選

学5年 令和元年人権ポスター 銅賞 などあります

 

こちらの記事↓↓↓では体験から学んだことを詳しく記事にしています。

参考記事>>>『40代』時間をお金に変える方法ママだって何かしたいよね!