子どもの将来を話す時期がもうじきやってくるという方は実際には多いものです。

 

子どもが安心して学校に通い学びに専念できるように今から親が準備をしておくといざとなって困らないやり方をお伝えします。

落ち込んだ女性落ち込んだ女性

来年は子どもが中学3年生になるから将来の事を考える時期がイヤでもやってくるけど、学費の高い高校に行きたいと言っても行かせてあげたいな~でもお金がかなり必要になるから諦めて安い学校に行ってもらおうかな~でも成績がいいから行かせてあげたいな~

アイコン

そんなお悩みにお答えします!

 

高校は現在は無償のところが増えてきていますが、考えていたらきりがありません。次は専門学校や大学進学などもあり、そのうえ自分の老後のお金も同時にためていかなければならないからです。

 

子どもの将来が不安な共働き世代

 

教育費には何が必要になってくるかはご存じのとおりにお金が必要になります。

 

一生懸命に働いたお金を子どもの塾代に充てるとなると結構な家計の負担になります。

 

有名な塾にオンラインで月に5万円を利用し2教科を受けている方周りにはいますが、そのほかに必要な教材を購入したりと、何かと必要になるようです。

 

子どもの将来が気になるように自分の将来も気になる

 

子どもの将来が気になると同様に自分の将来が安定した生活ができるかも併せて気になり大切なところですね。

 

共働き世代の平均年収は一般的にざっくりと400万から1千万など様々ですが、共働きと言っても母親のほうがパートと言う場合もあり働き方もさまざまですから収入もさまざまです。

 

しかし子どもの将来は自分の将来よりも大切なものです。今から安心して子どもが社会人へとなれるように親が準備をしていきましょう。

 

しかしいったい何が問題なのか?

漠然と不安とっても何を不安に感じているのか考えていきましょう。

 

それは十分な教育に必要なお金ではないでしょうか?

 

質の良い教育はやはり金額も高額なものになってきます。そもそも子どもがヤル気になっていないと意味はありませんが、やる気になっている子どもや、環境が整っていれば勉強を自然にやっているだろうと想像できたら勿体ないですよね。

 

 

学校の勉強はエネルギーと吸収力が抜群の若い頃のほうが良いにこしたことはありません。

 

自分の時間を使ってお金を生み出せたらいいな

 

自分たちの共働きのスタイルは今までどうりに変えずに自分のあまった時間を使って何かお金を生み出せたら解決しますよね。

 

しかしどうやって?

 

何のスキルもない自分には働くことしか出来ないと思っていませんか?

 

ながく会社で働いていると自分でお金を生み出すという考え方がとうのいてしまいドラマや映画を楽しむという事が日常になっていませんか?

 

その時間をはぶき他の事をやってみましょう。

 

おすすめの最強スキルを身に着けるには?

特に何もスキルがなく働いていても教育費がもっと欲しい。でも別に働きに出かけるのは出来ない。他に働きに行くといったら本業とさらにもう一ヶ所の職場を見つけて働くことが考えられるでしょう。しかし家をほとんど空けるといったことになりますので現実的にはキツイし無理ですよね。

 

そこで未経験で大丈夫な女性による女性のためのクリエイティブスクール【SHElikes】

 

どんなものかと言うと女性専用のオンラインになります。

パソコン一つでWEBデザイン、WEBマーケティング、ライターなどをオンラインで学べることによって自己肯定感を高めることができ個人として活躍するという事に繋がるため、結果的には自分で副業が現実になるとう流れになります。

 

 

本業以外に副業で何かしたいけどどうやって、何から始めたらいいか分からないといった方にお勧めです。

 

自分の不安は自分で摘んでいこう

何かに不安を持ちながら生きるのはごく一般的な気持ちです。もし自分だけが子どもの将来にお金をかけたいけど金銭的に無理というかたはその可能性を摘まないように自分の不安を摘んで行きましょう。

 

そうすることで将来の自分にも自信をつけて元気に笑顔生きていきましょう。

 

まとめ

会社に依存せずに個人で稼ぐ力を身に着けることを普通に出来るようになる。個人の眠っている力を引き出し豊かな自分の人生へと繋げていくために、今できることは迷うという選択肢は捨てやってみてから決まることをお勧めします。

 

\迷うならやってみる/



関連記事>>>40代から始めるゆっくりライフスタイル 私の場合