今は英語が話せて読めないと何が困るのか?

 

日常生活にそんなに支障あるって普通は思いますが、高校受験や大学受験は英語のリスニングテストがありますので子どもが小さいうちから始めると学べる量は多く吸収や理解の様子も頭がやわらかいうちは格段に違います。

 

 

今回は今から備えておくと子どもが先で困らないやり方をお伝えしていきたいと思います。

 

子ども英会話オンライン3歳~18歳がおすすめな理由

 

年齢の幅がかなりあることにお気づきになりましたか?

 

このハッチリンクジュニアさんは子供専用のオンライン英会話スクールになります。

 

レッスンはどのようにするの?

レッスンはパソコンを利用して、ご自宅とフィリピンのHatchlink-Learning Centerに勤務するフィリピン人講師とを結び無料テレビ電話Skype(スカイプ)を使用して行うオンライン授業となります。

 

横には保護者がいつも見ていれる安心感があるのでとてもいいですね。

 

塾の送迎がなくママがゆっくりできる

塾の送迎ってかなり大変だと思いませんか?仕事をしているなら仕事が終わってからのお迎えになります。その間に子どもには塾の場所で待ってもらっていたり他の用事と重なってしまい短時間の送迎が忙しくなることもありません。

 

自宅でゆっくりできるのでママも一緒に休めることになります。

 

何歳から英会話って必要?

言葉を話し始める時にはもちろんちょうどいいと思いますが、あっと言う間に小学生にあがってしまったというお子さんもいると思います。

 

このハッチリンクジュニアさんでは、幼児・小学生・中学生・高校生のお子さんを対象としていますので、出遅れたと思う必要はありません。

オンラインの英会話って平均どのくらいの金額が必要?

平均的には実際にオンラインで英会話となると種類がたくさんあって金額は様々な印象ですが、一般的な地域にある塾に通うとしたら学科は3教科で月額3~4万円ほどのようです。

 

実際はどんな感じの内容?

≪6つのコースの種類とお値段≫

 

エンジョイコース

 

 4回  3,036円  週1回

 

  習い事コース  8回  4,054円  週2回

 

  しっかり学習コース  12回  1番人気!

5,907円

 週3回

 

  上級者への道コース  16回  7,944円  週4回

 

  ネイティブへの道コース  20回  ご兄弟で!

9,676円

 週5回

 

 

  プレミアムコース  30回  12,222円  

週6回以上

 

 

 

 

オンラインの英会話で先生とあわなかったら?

人間性やパソコンスキルなども重視しているために、その子にあった先生を探すことが出来ます。質の良い英会話を教えることに情熱を持った先生が多く在籍していますので安心できます。

 

教材は購入する必要がありますか?

オリジナルの無料教材を利用します。今もっている有料の教材を利用したいとご希望があれば、ハッチリンクジュニアさんへ相談してみるといいですね。

 

今からは英語ができるのは普通になってくるでしょう。子どもの将来を明るく実のある形へと変えて行けるのも今だけだと思います。

 

大人になってからオンラインで英会話を習うといっても限界があります。子どもの興味、関心、そして行動力が伴う今の時期をお見逃しすることがないようにすることが得策だと思います。

 

大学に行くためにはお金が必要です

偏差値が高いと何かと大学費の免除もうけられますので、子どもの頃からしっかりと下準備をしておくと何かと有利です。

 

受験の直前になって慌てて英語をしても基礎を理解していないと結局は英語が苦痛になっていくでしょう。そんあ方を身近でみた経験はありませんか?

面白いと思う遊び心を刺激して

子どもの面白いと思う気持ちは大人になってからも同じか?この違いは誰にでも分かりますよね。

この子供向けのオンライン英会話は可愛く子どもが馴染みやすいようになっていますので、初めは何かをするのは楽しいと思ってもらえると次に生かせるチャンスをママが掴んだようなものだという印象があります。

 

ゲーム感覚で攻略していこう

勉強はとくに上を目指すとキリがありませんが目標を持つのは必要です。なぜなら将来に関わってくるからです。子どものうちはその事には気が付きませんので、遊びながらゲームを攻略するかのような感覚で進めていくと知らないうちに学んでいます。

 

 

はじめるならいまですよね!


まとめ

英語をできると色んな事が困らないという事に気が付いてきます。横文字が書いてあるだけで抵抗感を持ってしまえば大切な情報を見逃す可能性はたくさん出てくると思います。楽しく学ぶという事を体験すると子どもは自分から関心をさらに持ち探求していくでしょう。

 

未来の子どもが楽しく幸せに過ごせますように願いを込めました。